認知や思考の偏り・怒りの感情と冷静に向き合うために

弁護士・研修講師の豊田浩己と申します。弁護士・アンガーマネジメントファシリテータ・ハラスメントカウンセラーの視点から、思考の偏りや怒りの感情と冷静に向き合う方法、いじめ・ハラスメント・虐待等のトラブル予防の方法、多様性の尊重などについて、ブログを書いていきます。

カテゴリ: アンガーマネジメント

 アンガーマネジメント入門講座では、怒りのピークである6秒をやりすごすために、自分を落ち着かせる言葉を6秒程度頭の中で唱えるテクニックを受講生に紹介します。例えば、出来事の性質や怒りの強度に応じて、「まぁいっか」「(自分は)これぐらい平気、平気」「(自分は ...

 人は、身近に感じている人に対しては、そうでない人に比べ、より強く怒りを感じる傾向があります。例えば、些細なことでも、「どうして私の気持ちをわかってくれないの?」「どうして私の話をちゃんと聞いてくれないの?」「どうしていつも忘れるの?」「どうしていつも同 ...

アンガーマネジメントでは、怒りのレベルを温度計にたとえて、1から10までで数値化する技術をレクチャーしています。その数字をことばであらわすとどうなるだろうと考えていたところ、怒りをあらわすことばが日本語の中にたくさんあることに今更ながら気づきました。例え ...

スポーツの世界ですばらしい指導者だと思う人は誰ですかと問われると、何人か頭に浮かびますが、今日は、元智辯和歌山野球部監督の高嶋仁さんを取り上げたいと思います。高嶋さんは、甲子園で通算68勝(歴代1位)、3回の優勝を誇る名将です。 体力の限界ということで2018年 ...

ここ最近、4年に1度のワールドカップ女子バレーが日本で盛り上がっています。試合観戦中、日本を熱烈に応援している人が、全日本の苦戦が続いたり、相手チームが勝ったりすると、誰に対して怒りの感情をぶつけるかという視点で見ていて、2つに分かれることに気付きました。 ...

↑このページのトップヘ