認知や思考の偏り・怒りの感情と冷静に向き合うために

弁護士・研修講師の豊田浩己と申します。弁護士・アンガーマネジメントファシリテータ・ハラスメントカウンセラーの視点から、思考の偏りや怒りの感情と冷静に向き合う方法、いじめ・ハラスメント・虐待等のトラブル予防の方法、多様性の尊重などについて、ブログを書いていきます。

カテゴリ: いじめ

「いじめられる人も悪いのか?」1 悪い2 悪くない3 場合により悪い(場合によりいじめられても仕方がない)いじめ予防授業で、子どもたちに、上の問いかけをすると、どれに手を挙げる人が多いと思いますか?一般的な傾向を言うと、ほとんどの人は、3の「場合により悪 ...

いじめを受けている子ども本人からの匿名電話相談では、本当につらそうなのが声色から伝わってきます。エネルギーをふり絞って、勇気を出しておそるおそる電話をかけてきてくれているのもわかります。理不尽ないじめをただひたすら耐えているのも痛いほどわかります。まずは ...

毎日新聞の記事(2019年10月17日)で、「神戸市須磨区の市立東須磨小で男性教諭(25)が同僚教諭4人からいじめや暴行を受けた問題で、市教育委員会は17日、教諭間のいじめが始まった2018年度から同小の児童間のいじめも急増していたことを明らかにした。市教委が把握する児童 ...

「小学校の教師が同僚の教師をいじめ」という信じがたいニュースが昨日報道されました。私は、東京弁護士会のいじめ予防授業講師として、都内の小学校に行って、 生徒さんにいじめ予防授業を実施する立場でもあるため、非常にショックを受けました。私は、講師として、生徒 ...

↑このページのトップヘ