「英語は子音主体に音声認識される。英語人は母音を音響音として半ば聞き流し、
子音を中心として意味を見出すのである。これに対して、日本語は母音主体で音声認識をする。」
(黒川伊保子「共感障害「話が通じないの正体」)。(他に参考文献:角田忠信「日本人の脳ー脳の働きと東西の文化「日本人の音意識」」、柿木隆介「脳にいいこと悪いこと大全」)。
同書の黒川さんの話を要約すると、
この母音が自然界の音と似た波形を持ち、日本語を使う人にとっては、自然界の音は言葉の延長
と認識することから、日本語を使う脳では自然と融和する世界をイメージするが、
英語を使う人は「自然と対峙して自然を制する世界観」をイメージする。
日本語を使う脳は自然界の音を左脳言語の領域で聴くが、
英語を使う脳はこれらの音に左脳が反応しない。
晩夏のヒグラシの鳴き声を聴くと、
日本人はものさびしい感覚(寂寥感:せきりょうかん)になるが、
英語を使う脳では、機械音と同じ音に感じ、日本映画をアメリカで上映した際、
セミの声がうるさいから消せないかというクレームがきたというエピソードも紹介されています。
同書では、体の性別とは異なる視点で「男性脳」と「女性脳」の違いにも説明されています。

人それぞれ、経験してきた人生により、時代により、立場により、環境により、母国語により、
宗教により、文化により、脳の個性により、認知や思考が違います。
マジョリティやエリートが正しいと主張する意見が、「世界の正解ではない」という
同書の考えには共感を覚えました。

また、同書は、様々な脳の個性から「共感障害」にクローズアップしており、世の中で
あまり知られていない共感障害のある方との接し方をわかりやすく伝えてくれています。