イライラの原因(ストレス)が何かを分析し、

それが、次の4つのどこの引き出しに入るのかを

意識して整理し、ストレスを減らす方法を実践してみましょう。

A 自分で変えられる かつ 重要     ⇒ 優先的に変えていきましょう
  例:営業目標が達成できない       例:営業成績の良い人からアドバイスをもらう
B 自分で変えられる かつ 重要でない  ⇒ 余裕があるときに変えていけばよいでしょう
  例:昼に眠気を感じる          例:飲み会を減らす 睡眠をしっかりとる
C 自分で変えられない かつ 重要    ⇒ 現実を受け入れ、対処法を考えましょう
  例:電車が遅延し、遅刻しそう      例:待ち合わせ相手に遅刻の連絡をする
D 自分で変えられない かつ 重要でない ⇒ 放っておく努力をしましょう
  例:他人をネガティブに評価する人がいる 例:見ない、聞かない、気にしないようにする